マウスピース矯正

八千代市大和田新田 土日診療の歯医者、高澤歯科クリニック

INVISALIGN

マウスピース矯正

ご予約・お問い合わせ 047-458-4618 WEB予約 Instagram LINE

インビザライン INVISALIGN

お子さんの歯並びや噛み合わせが気になるけれど、金属の装置は見た目が気になって矯正治療に踏み切れない…という方もいらっしゃるかもしれません。
そのような方におすすめしたいのが、「インビザライン」です。
インビザラインとはどのような治療方法か、またメリットや注意点についても解説します。

インビザラインはこんな方におすすめ

先生のイラスト
  • 歯並びや噛み合わせが気になる方
  • 装置を目立たせずに矯正治療をしたい方
  • 周りの人に矯正治療を受けていることを知られたくない方
  • 矯正治療中も丁寧な歯磨きでお口の中を清潔に保ちたい方
  • 矯正治療中の食事制限を受けたくない方
  • 金属アレルギーが心配な方

インビザラインとは

インビザラインのイメージ写真

インビザラインは、アメリカのアライン・テクノロジー社が提供するマウスピース矯正です。簡単に取り外しができる透明なマウスピースを装着することで歯を動かし、歯並びや噛み合わせを整えていきます。治療開始前に患者さんお一人おひとりの歯の型取りを行い、コンピューターによって精巧なマウスピースが作られます。このマウスピースを1~2週間続けて装着していただき、治療段階にあわせて新しいマウスピースと交換しながら治療を進めていきます。

子どものマウスピース矯正
「インビザラインファースト」

これまでは子どもの歯列矯正といえば、床矯正やマイオブレースといった方法が一般的でした。しかし、近年は子どもでも装置を目立たせずに矯正治療ができる「インビザラインファースト」が新しい選択肢として大きな注目を集めています。インビザラインファーストは1997年に誕生した子どもを対象としたマウスピース矯正で、成人を対象としたインビザラインと同様に透明のマウスピースを装着することで歯を動かしていく治療方法です。対象年齢は厳密には決まっていませんが、乳歯から永久歯に生え変わる6歳~10歳を対象としています。

インビザラインファーストのイメージ写真
インビザライン
ファーストのメリット

インビザラインファーストには、たくさんのメリットがあります

先生のイラスト
1装置が目立たない
インビザラインファーストで使用するマウスピースは、透明で薄いプラスチック製です。マウスピースをつけていても見た目が気になることはほとんどありません。マウスピースは成人向けのインビザラインと同様に、お一人おひとりにあわせて完全オーダーメイドで作製されます。また、金属の装置のようにお口の中を傷つけてしまったり、固定されていたはずの装置が外れてしまうこともありません。
2治療の流れをシミュレーションできる
インビザラインファーストでは光学スキャナーで歯の型取りを行い、そのデータをもとに治療のシミュレーションやマウスピースの作製を行います。一般的な歯科治療で用いられるようなペースト状の歯の型取り方法よりも負担が少なく、さらに治療開始前からゴールまでの歯の動きをシミュレーションできます。治療のゴールが明確になることで、矯正治療へのモチベーションも維持しやすくなります。
3痛みや違和感が出にくい
治療に使用する全てのマウスピースは、コンピューターでのシミュレーションをもとに作られます。永久歯が綺麗に生えそろうためのスペースをつくりながらも、お子さんの小さな歯にもフィットするようにデザインされており、薄くて軽いので装着時の違和感も少なく済みます。また、メタルブラケット矯正(ワイヤー矯正)よりもマウスピース矯正のほうがゆっくりと歯を動かすため、痛みや違和感が出にくいとも言われています。
4食事や歯磨きは普段通りでOK
マウスピースはご自身で簡単に取り外せます。食事や歯磨きの時には外していただくので、食事や歯磨きはこれまで通りで問題ありません。マウスピースもそのまま丸洗いできるので、装置もお口の中も常に清潔を保ちやすくなります。
5金属アレルギーの心配がない
マウスピースはプラスチック製なので、金属アレルギーの心配もなく安心してお使いいただけます。
インビザライン
ファーストの注意点

インビザラインファーストの治療を検討する前に、気をつけたいことについても知っておきましょう

先生のイラスト
1マウスピースの装着時間
インビザラインファーストの治療では、1日20時間以上マウスピースを装着しなければなりません。装着時間が不足すると、治療計画通りに歯が動かず、当初予定していた期間で治療を終えられない可能性が高くなります。基本的に、食事や歯磨き以外の時間は常にマウスピースを装着していただきます。学校にいる間も、授業中などはマウスピースをつけたままです。マウスピースはご自身で簡単に取り外せるからこそ、治療を受けるお子さんご本人の協力が不可欠です。治療期間中は親子で治療に対するモチベーションを維持していただき、治療を成功させましょう。
2全ての症例に適応できるとは限らない
お子さんの歯並びや噛み合わせによっては、インビザラインファーストでの治療が難しいこともあります。その場合は他の矯正治療方法をご提案いたしますので、ご安心ください。
3飲み物には要注意
飲食の際には必ずマウスピースを外していただきます。特に、飲み物には注意が必要です。マウスピースをつけた状態で飲めるのは水のみということを忘れずに過ごしましょう。
インビザライン
ファーストで使われる
「iTero」とは

「iTero」はお口の中をスキャンできる3D光学スキャナーです

先生のイラスト

インビザラインファーストでは歯の型取りを行い、そのデータをもとに治療のシミュレーションやマウスピースの作製を行います。
このときに用いられるのが光学スキャナー「iTero」です。

歯の型取りの負担を大きく軽減できる
iTeroはスティック状の小型カメラで、歯列をなぞるように撮影するだけで歯の型取りを行えます。一般的な歯科治療や従来の方法では、歯の型取りをする際に粘土状の材料を直接歯に押し当てて型取りをしますが、この方法は特にお子さんには負担が大きく、精密な型を取れないこともあります。iTeroであればレーザー光を歯にあてるだけで歯の型取りができる上、型取りにかかる時間も数分で済みます。これまでのような負担もなく、快適に歯の型取りを済ませられることが最大の特徴です。
治療の流れがよりスムーズに
iTeroが導入される前は歯の型取りをして模型をつくり、それをインビザラインの本社のあるアメリカに送って治療のシミュレーションやマウスピースの作製を行う必要がありました。このステップを踏むと、歯の型取りをしてから実際にインビザラインの治療が開始できるまで1ヶ月程度を要します。一方、iTeroを使用すれば歯の型取りをした結果をその場でデータ化し、治療のシミュレーションができます。このデータをもとにマウスピースが作製され、治療に必要な全てのマウスピースが完成するまでの期間も約1週間程度と大幅に短縮されるのです。

インビザラインファーストは高澤歯科クリニックにお任せください

高澤歯科クリニックでは、矯正治療に関するご相談やセカンドオピニオンも随時受け付けておりますので、ご希望の方はお電話にてご連絡ください。

TEL
WEB予約