八千代市 八千代緑が丘駅 歯科 | 高澤歯科クリニック
矯正歯科、矯正治療中の注意点。

スタッフ募集中
八千代市の歯科、高澤歯科クリニック
診療案内 矯正歯科

矯正治療中の注意点

矯正治療をしている時のお口の状態

矯正を始めたら、装置を付ける以前よりもさらに歯磨きをていねいに行いましょう。矯正装置と歯の間などに食べかすがたまりやすくなるので、磨き方にちょっとしたコツも必要になります。磨き残した汚れは時間が経つと「プラーク」と呼ばれる細菌のかたまりになります。プラークは、虫歯などの原因となる菌です。矯正装置がもとで虫歯になり治療期間が延びてしまわないよう、毎日の歯磨きを正しく行いましょう。

歯の汚れと効果的な磨き方について

歯の汚れと効果的な磨き方についてブラケットの周りは、とくに汚れが残りやすい部分です。ブラケットを中心に、歯を上下に分けて磨くようにしましょう。歯ブラシのあて方は、矯正装置と歯の間にななめ45度の角度になるようにします。また、歯と歯の間もしっかり磨きましょう。歯ブラシを縦にして先端で磨くときれいに磨けます。さらに、歯間ブラシ、デンタルフロス、ワンタフトブラシを使うとさらに効果的です。最後に、歯と歯ぐきの間もななめ45度に歯ブラシをあてて磨きます。

歯ブラシは、普通のものではなく矯正用の歯ブラシを使うことが望ましいです。普通の歯ブラシしかない場合は、歯ブラシを縦に見て毛束が縦2列になるようにハサミでカットするか、ペンチで毛を抜いて使うことをおすすめします。

より効果的に汚れを落とすために

より効果的に汚れを落とすためにさらに効果的に歯磨きを行うために、下記の点に注意して行いましょう。

  • 親指・人差し指・中指の3本で清掃道具(歯ブラシ、ワンタフトブラシなど)を持ちます。
  • 鏡を見ながら歯ブラシをあてます。
  • ハミガキ上手 汚れている部分が染まる「染め出し剤」を使用するか(使用方法はおたずねください)「ハミガキ上手」を使用してください。

破損や変形を防ぐための注意点

矯正装置を付けている時は、これらのことに注意してください。

  • 画像準備中右のイラストの食べ物のような、おせんべいなど固い食べ物やガムやキャラメルなどの歯にくっつきやすい食べ物は、矯正装置の変形や破損につながることもあります。
  • 食事のあとは必ず歯磨きを行うことが望ましいですが、やむを得ず行えない時には、デンタルリンスや水でうがいをして少しでも汚れを落とすようにしましょう。
口腔内管理の必要性